FXの売買

外貨預金で利益を上げるためには、円高のときに買って円安のときに売ることが原則です。基本的にはFXも同じですが、FXの場合は「円安のときに売って円高のときに買う」ということができます。外貨預金では、為替相場が上がれば儲かり下がれば損をしますが、FXの場合は相場がどちらに動いても、利益を出すことができるということです。


FX
はあくまでも証拠金を担保にして得る「取引権利」に基づいて取引をしていきます。そのため、持ってもいない外貨を売ることも可能になるのです。売買をする前に理解しておくべき事項に、「ポジション」(建玉)というものがあります。「玉」は株式ならば株、為替ならば外貨というように、取引する商品のことを指します。新規に買うことを買い建て、売ることを売り建てといい、その買ったり売ったりしたものが建玉です。そして、決済されていない買い建てた玉、売り建てた玉がポジションとなります。


これだけではわかりづらいと思いますので、例を挙げて説明します。たとえば、証拠金10万円を預けて、1万ドルの買い注文を出した場合で考えてみましょう。1万ドルの為替レートはリアルタイムで変動します。この決済されていない1万ドルがのポジションです。


買いポジションのときは「売り」、売りポジションのときは「買い戻し」をすることで決済されます。したがって、FXで利益を上げるには、安く買って高く売る方法だけでなく、高く売って安く買うという方法もあるというわけです。