FXの取引

FXは、「買い」でも「売り」でも外貨の取引をすることができます。実際の売買がどのように行われるのかを説明します。


為替相場とは、ドルについての売り買いのレートのことです。ドル以外の外貨の売買も可能ですが、基軸通貨であるドルで考えていきます。


FX
では、まず今後のドル高・円安を予想します。そして証券会社などの業者に口座を開き、証拠金を入金。ここから、いよいよ取引が始まります。1ドル100円のレートで1万ドルの買い注文を出して、取引が成立します。どのポジションでどのくらいの損益がでるのかをチェックし、決済するポイントを決めましょう。FXの最大の目的は利ザヤを稼ぐことですので、売却するにしろ買い戻すにしろ期間は自由です。


その後、ドル高が進んだ場合はどうなるでしょうか。1ドル105円と5円レートが上がった場合、為替差益はプラス5万円です。一方、ドル安になった場合はどうでしょう。もし1ドルリ95円になってしまったら、為替差損はマイナス5万円ということになります。最後に、決済する反対売買でポジションを決済、手仕舞いをします。手仕舞いは、ポジションを閉じるともいわれます。レートがいくらになったら手仕舞いをするか先に決めておくことも可能です。このケースでは、直接取引に携わることなく自動売買で決済することができるそうです。


1
ドル100円のときに買ってレートが105円になれば、5万円の差益が出ます。これにスワップポイント(金利差損益金)を加え、手数料(1万ドル×10×22000)を差し引いたものが利益ということです。反対に1ドル95円になってしまったら5万円の差損です。こちらも同じように計算すれば損失が確定します。