スワップポイントはおまけ

FXを取り扱う業者のサイトなどをチェックすると、最新の「スワップポイント」が確認できます。スワップポイントは外貨の金利によって変動します。また、為替変動もあわせて考慮しなければなりません。


例を挙げて説明しましょう。まずはドルを買った場合です。証拠金10万円で1万ドル購入し、7営業日ポジションを持ち越したとき、スワップポイントは120円です。1120円のポイントを受け取ることができますので、7営業日では「120×7840円」となります。


次はドルを売った場合です。証拠金10万円で1万ドル売って、7営業日ポジションを持ち越したとき、ドルの「売り」のスワップポイントはマイナス130円。「マイナス130×7=マイナス910円」となり、この分のポイントを差し引かれます。
スワップポイントによる損益は為替レートの変動によるものに比べれば小さいといえます。たとえば1万ドルを買った場合、レートが1円変われば1万円の為替差益・差損が生じます。それに対して、スワップポイントはレート変動で得た利益のおまけ程度。損失を被った場合はスワップポイントの利益などすぐになくなってしまいます。中にはスワップポイントを年率換算して表示している業者もありますが、これは現実的なものとは言えないでしょう。長い期間外貨で資産を持つことを想定しているのであれば、追証が発生しない外貨預金にした方が良いと思います。


FX
の利点は、短期売買で利益を得られる点にあり、インカムゲインや利回りを目的にすることは得策ではありません。