スワップポイントとは

外貨の為替差益が目的でFXを始める人は多いと思います。しかし、FXの魅力はこれだけではありません。もう一つの魅力が「スワップポイント」です。


初めのうちは理解しにくいものかもしれませんが、たとえるなら甘味剤のようなものです。スワップには「交換」という意味があります。FX取引とは円・ドル、円・ユーロといったように二つの通貨を交換するものです。


これらの通貨の間には「金利の差」というものがあります。日本円は金利がほとんどない状態にあるため、海外の通貨の金利は日本より高いことがほとんどです。スワップポイントは、金利の異なる二つの通貨を交換する際に生じるものです。


たとえば、FXでドルを買った場合、金利の低い円を売って、金利の高いドルを買ったことになります。これを決済せずにロールオーバーを繰り返していくと、1日ごとに金利差分が発生します。この金利差を調整する目的でスワップポイントがあるのです。ドルを購入した人は、決済をしない間はこのポイントを受け取れます。円との金利差が大きくなるほど、受け取れるポイントは大きくなります。


一方、FXでドルを売った場合は、金利の高いドルと金利の低い円を交換したことになります。そのため、先ほどは受け取っていたスワップポイントを、支払わなければならないということです。


つまり、買いポジションではスワップポイントを日々受け取ることができますが、売りポジションでは日々支払なければならないということになりますので注意しましょう。